バストアップクリーム

バストアップクリームの効果的な使い方と副作用について

バストアップクリーム 画像

ここではバストアップサプリをより効果的に飲む方法や

副作用などに関する安全性について解説したいと思います。

 

 

バストアップクリームのおすすめ使用法

 

使用量

 

それぞれの商品ごとに定められている使用目安量を
守りましょう。過剰使用での成分による危険性や使用感の悪化
だけでなく、量が少なすぎると十分な効果が出ないため、
適量を守って使用しましょう。

 

 

使うタイミング

 

使う時間帯やタイミングに決まりはありませんが
効果の出やすいタイミングとしては、体があたたまり血行が
よくなっている入浴後や就寝前が特におすすめです。

 

 

バストアップクリームの副作用

 

妊娠、授乳中の使用は控えましょう

 

多くのバストアップクリームは妊娠中や授乳中の使用を控える
ように注意されています。

 

妊娠中や授乳中は女性ホルモンが通常時とは違う分泌量となって
いるため、思わぬトラブルを引き起こす可能性があるので、
使用しないようにしましょう。

 

特に妊娠初期は非常にデリケートで重要な時期なので、使用を
禁止されていないクリームでもなるべく控えるようにしましょう。

 

また、バスト(特に乳首)を刺激すると子宮が収縮してお腹の
張りが出てしまう可能性があります。

 

子宮の収縮は流産などの危険性にも繋がりかねないので、
妊娠中の方はクリームの使用だけでなくバストマッサージも
控えるようにしましょう。

 

マッサージなどを行う場合は医師や専門家の指導に従って下さい。

 

 

プエラリア配合クリームの危険性について

 

プエラリアの過剰摂取、投与には副作用として報告されている
事例があります。

 

その例として、女性ホルモンの乱れや過剰により生理不順や
生理痛の悪化を引き起こしたり、ニキビなどの肌荒れ、下痢や
嘔吐、頭痛を起こす場合があります。

 

サプリメントなどとは違い、皮膚につけるクリームなどでは
それほど危険性は高くありませんが、念のため使いすぎに
注意するようにして下さい。

 

特にプエラリア配合サプリメントを併用している場合は、
十分注意しましょう。

 

 

ボルフィリン配合クリームの注意点

 

バストアップ効果の高い成分のボルフィリンですが、塗った場所の
脂肪細胞を分化させて増殖させる効果があります。

 

少量付着した程度ではそれ程問題はありませんが、念のため
ボルフィリンが配合されたクリームを使用した後は、すぐに
手を洗うようにしましょう。

 

 

アレルギー体質の方は事前の確認が必要

 

バストアップ効果のある成分の中には、大豆等の豆類や芋類
由来の成分が配合されているものが多くあります。

 

そのためそれらのアレルギーをお持ちの方が使用すると
トラブルを起こす可能性があるので、心配な場合は配合成分の
内容を事前にしっかりと確認するようにして下さい。

 

配合内容が不明な場合、わかりにくい場合などはかかりつけの
医師などにご相談の上で使用するようにして下さい。

 

また、アレルギーをお持ちでない場合でも敏感肌やトラブル肌
など肌の弱い方は、腕の内側でパッチテストを行って
自分に合っているか確認するようにしましょう。

 

関連ページ

美乳を育む、バストアップ効果のあるケア方法を紹介
バストアップクリームの効果やケア方法などについてについて詳しくご紹介しているコラム記事です。
バストアップクリームの成分とその効果を知ろう!
バストアップクリームの成分とそれらの効果などについてについて詳しくご紹介しているコラム記事です。
バストアップクリームの種類と失敗しない選び方
バストアップクリームの種類や選び方などについてについて詳しくご紹介しているコラム記事です。