バストアップクリーム

バストアップクリームの成分とその効果を知ろう!

バストアップクリーム 画像

塗ることでバストアップ効果を得ることができる

有効成分の効果について紹介しています。

 

数あるバストアップクリームの中から商品を選ぶ時の
参考にぜひ知っておいて下さいね。

 

 

バストアップ成分

 

ボルフィリン

 

バストアップには欠かせないとも言えるほど注目度の高い成分。

 

ハナスゲというユリ科の植物から抽出されるもので、主成分は
サルササポゲニンという成分。

 

プエラリアが女性ホルモンの働きを活性化する一方で、この
ボルフィリンはバストの土台となる脂肪組織を増殖させる
効果があると考えられているのです。

 

脂肪組織の分裂、増殖を促す働きがあり、さらにその脂肪を蓄える
働きもあることから、バストアップとそれをキープする効果が
あるとして期待されています。

 

「ボルフィリン」という名前自体は、この成分を研究開発した
フランスの化粧品会社セダーマ社がつけたもので、商品によっては
「ハナスゲ根エキス」という名前で表記されています。

 

 

プエラリア・ミリフィカ

 

タイ山岳地帯に自生する植物で、タイ北部を含む一部地域のみで
食用として古くから使われてきたものです。

 

それらの村の女性のスタイルが非常にいいということに注目が
集まり、研究を進めた結果、プエラリアの大きな根元(=根塊)
には植物性にエストロゲンという成分が豊富に詰まっている
ということがわかりました。

 

その植物性エストロゲンは、本体体内に存在している
女性ホルモンと同様の働きをし、それを調節したり活性化したり
する効果があるため女性の体作りに有用であるとされています。

 

これまでは大豆イソフラボンなどにそれらの働きがあると
言われてきましたが、プエラリアには大豆イソフラボンの
約40倍も含有していることがわかり、最近ではバストアップの
ための商品の多くに使用されるようになりました。

 

 

大豆イソフラボン

 

大豆に含まれるイソフラボンには植物性エストロゲンが含まれ
それが体内のエストロゲンになりすますことで、プエラリア同様
胸のボリュームをアップさせることに繋がります。

 

女性ホルモンの働きを整えるため、更年期障害のトラブルなど
にも効果的だと言われています。

 

大豆に含有されているイソフラボンには、プエラリアと同じように
女性ホルモン様の働きをする成分が含まれています。

 

乳腺の発達や、脂肪をつける働きに優れ、バストのボリューム
アップに重要な成分です。

 

豆乳や豆腐、納豆などから手軽に摂れるので食事の中で積極的に
摂取するといい成分です。

 

 

ワイルドヤム

 

バストアップアイテムでよく使用される熱帯地方由来のハーブです。

 

最近ではさまざまなところで栽培が行われていますが、元々は
熱帯または亜熱帯地域に生息するもので、特殊な生育条件が
揃わないと成長しないため、その希少性はあまり変わりません。

 

女性ホルモンに働きかけてバストアップや更年期障害、PMSなどに
有効に作用することで知られていますが、その他にも生活習慣病
の予防などにも効果的な成分です。

 

 

 

 

 

バストアップクリームを選ぶ際は、これらの成分以外にも
美肌成分やアンチエイジング成分などを含んでいるものを
選ぶことをおすすめします。

 

プラセンタやコラーゲン、ヒアルロン酸、アスタキサンチン、
ペプチド、ビタミンC、アルブチンなど肌にハリと弾力を与え、
艶と透明感のある美容成分によってバストの魅力が高まります。

関連ページ

美乳を育む、バストアップ効果のあるケア方法を紹介
バストアップクリームの効果やケア方法などについてについて詳しくご紹介しているコラム記事です。
バストアップクリームの種類と失敗しない選び方
バストアップクリームの種類や選び方などについてについて詳しくご紹介しているコラム記事です。
バストアップクリームの効果的な使い方と副作用について
バストアップクリームの使い方や使用上の副作用などについてについて詳しくご紹介しているコラム記事です。